一ヶ月にどのくらい住居費にかけていますか

ライフです。
みなさんはどのくらいの住居費を一ヶ月あたりかけていますか。

PR





5万円でしょうか。10万円でしょうか。
金額に正解はありません。
が、月収の30%が理想であるというのが一般的です。

金額で決めることではないということですね。

知っている人も、知らなかった人も大事なのはこれ以降に書くことですので、
しっかり読んで欲しいです。

住居費が月収の30%以下が望ましい理由
まずは毎月どれくらいのお金が出て行くのか考えます。
毎月の収入は20万円として考えてみましょう。

収入の部 
 給与 20万円
支出の部 
 住居費 6万円
 食費  5万円
 光熱費 1万円
 通信費 1万5千円
 小遣い 3万円
 交際費 1万円
 被服費 1万円
 貯蓄  1万5千円

 計20万円

です。

一覧化してみると一目瞭然です。
住居費を月収の30%に抑えたとしてもこの様に遣り繰りをしなければなりません。

仮に、上記の例で住居費に月収4割の8万円をかけてしまった場合には、その他の割当てから2万円を減らして居住費に割当なければなりません。

2万円を割り当てるために、、、
食費を減らしますか?
通信費を減らしますか?
小遣いを減らしますか?


賃貸や持ち家、家庭の状況によって多少条件が変わって来ますが、他の支出の割合から月収の30%以下が望ましいことがお分かりいただけましたでしょうか。
特に働いているひとに限って言えば、一日の大半は外にいることですし、ロケーション以外のメリットがないのであればただの無駄遣いと言い切れるでしょう。

※ただし、月収の母体が桁違い(例えば100万円)の場合には話が異なってくることは理解して欲しいです